Home弁護士紹介佐藤 陽一

佐藤 陽一   - Yoichi Sato -

佐藤 陽一

 私は、約40年に及ぶ裁判官生活の全期間を通じ、裁判実務の現場で、多種多様な事件を担当してきました。とりわけ民事裁判の現場実務を30年以上にわたって担当し、そのうち約10年間は東京地裁を始めとする地裁の裁判長として、また約10年間は高裁判事(そのうち約4年間は裁判長)として勤務してきました。家庭裁判所では所長として勤務したほか、広く家事少年事件も担当しました。
 こうして1万件を遙かに超える各種事件を担当して、紛争のより良い解決方策を考えると共に、そうした紛争がなぜ生じ、どういう経緯で拡大していくのかという実態を様々な場面で見てきました。こうした事件の審理を通じて得た知識と経験を踏まえ、これからは、弁護士としての立場から、現に生じている紛争のより良い解決方策を探求することはもとより、そうした紛争を生じる要因を取り除き、あるいは縮減する方策を皆様と共に考え実現していきたいと考えています。


弁護士会

東京弁護士会

所属団体

民事訴訟法学会

取扱業務

民事事件一般・刑事事件一般・家事事件一般・少年事件一般

経歴事項

昭和50年     東京大学法学部卒業

職歴

昭和52年東京地裁判事補。その後、松山、千葉、函館の各地家裁に勤務し、判事となって東京、名古屋、さいたまの各地家裁、新潟の家裁、東京、仙台の各高裁に勤務し、平成28年に退官
平成29年4月東京弁護士会民事訴訟問題等特別委員会委員


ページトップへ
Alpha Partners Law Offices. All rights reserved.