Home弁護士紹介佐藤 陽一

佐藤 陽一   - Yoichi Sato -

佐藤 陽一

私は、1977年に裁判官となり、約40年間裁判官として勤めた後、2016年に弁護士となって現在に至っています。
裁判官としては主に第一審(地方裁判所・家庭裁判所)と第二審(高等裁判所)で様々な種類の民事関係事件を担当しました。とりわけ、地方裁判所及び高等裁判所で10年以上にわたり裁判長として各種の訴訟事件の審理を担当する中で、大きくは国の統治に関する諸問題などに始まり、海外を含めた企業間の複雑な商取引や銀行役員の責任を巡る紛争といった商事関係の紛争だけではなく、医療過誤や建築瑕疵を巡る紛争、宗教団体や近隣同士の間でのトラブル、さらには家庭内での夫婦、親族間の紛争に至るまで、ありとあらゆる社会で起きる様々な紛争の事件の審理を通じ、それらの紛争の実態に触れて、多くのことを学んで参りました。
この間、米国での在外研究の折には、米国の紛争処理の様々なシステムを知る中で、「日本の常識は世界の非常識」ということも同時に学び、多面的に物事を見る視点を得ることができました。
このような裁判官としての様々な実務経験を通じて、紛争の渦中にある数多くの人々の生き方、考え方に触れ、紛争の根幹には関係する人たちの人としての在り方、有り様が大きく関わっているとの認識を新たにしました。
こうした経験を糧にして、現在は、弁護士として、当事者の立場から、民事関係紛争の適切な解決のために尽力しております。そして、現在生じている紛争のより良い解決の方策を探求し実現することは当然のこととして、それにとどまることなく、そうした紛争を引き起こしたいろいろな要因について分析し検討して、将来にわたってより深刻な紛争を生じることのないようにするための予防的な方策を提言し、その実現に向けた努力を重ねたいと考えております。


弁護士会

東京弁護士会

所属団体

民事訴訟法学会

取扱業務

民事関係紛争事件全般(不動産関係紛争・会社関係紛争・医療事故紛争・建築関係紛争・交通事故紛争・労働関係紛争・損害賠償関係紛争等)・家事関係紛争事件全般(離婚関係紛争・相続関係紛争)・刑事事件・少年事件

経歴事項

昭和50年     東京大学法学部卒業

職歴

昭和52年 東京地方裁判所裁判官に任官後、各地の地方・家庭裁判所並びに東京高等裁判所及び仙台高等裁判所に勤務
平成28年 裁判官退官後弁護士登録
平成29年 一般社団法人日本道路建設業協会の舗装診断士資格試験の試験問題誤配布に関する第三者委員会委員長
令和2年 東栄汽船株式会社の国連制裁決議違反の有無に関する第三者委員会委員
令和2年 国土交通省中央建設工事紛争審査会特別委員

主な論稿

・「アメリカ合衆国(マサチューセッツ州)司法事情管見」 判例時報1459号22頁
・「アメリカ合衆国(マサチューセッツ州)における民事紛争処理制度の諸問題) (「民事裁判の充実と促進」木川統一郎先生古稀祝賀記念論文集所収)
・「医療過誤訴訟における複数鑑定について」(「法曹養成と裁判実務」(武藤春光先生喜寿記念論文集所収、判例タイムズ1212号55頁))

ページトップへ
Alpha Partners Law Offices. All rights reserved.